勉強する意味について

こんにちは、南中・丹中専門の個別指導塾の修徳ゼミナールです。

公立高校入試が終わり、19日の結果を待つばかりとなり少し気持ち的に抜けてしまってました。

今回は勉強する意味について考えたいと思います。

誰でも一度は疑問に思うことに

「なんで勉強しなくちゃいけないの?」

があると思います。

中には

「そんなの当たり前でしょ!」

と疑問を持たずに過ぎてきた生徒もいると思います。

自分自身を思い返してみるとその当時は素直だったのか単純だったのか、大して疑問も持たずに中学高校と過ぎてきました。

塾を始めるようになって生徒から

「どうして勉強しなきゃいけないの?」

と聞かれことが何度かあります。

その時に聞いてきた生徒の心理状態によって答え方を変えてきています。

勉強をやりたくないから逃げたい気持ちで聞いてくる生徒が大半。

そんな生徒には手短に

「入試で必要だからだろ!」

と答えています。

もちろん真剣に聞いてくる生徒もいます。

そんな時には

「今やっている勉強が必要かどうかと言えば、大半は社会に出たら必要のないことばかりだと思う。」

「じゃ何のために勉強するかというと、勉強をすることを通して学び方をの方法を勉強しているんだ。」

「社会人になってからも学ぶことは必要なんだ。その時はもう塾には来れないから自分で解決しなければならない。」

「自分で問題を解決する方法を知っていたら困らないだろう!」

「まぁこれが正解というわけではないけど、一つの考え方だと思うよ。」

勉強する意味って他にも色々あるとは思いますが最近はそう答えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする