間違ったテスト勉強してませんか?

こんにちは、南中・丹中専門の個別指導の修徳ゼミナールです。

本日より南中の中間テストが始まり、明日より丹中でも中間テストが始まります。

今回よりテスト対策のやり方を変えて今まで以上に個別に試験範囲の進捗状況をチェックするようにしています。

一度にたくさんのことを行うと混乱するので優先順位の高いものから問題点を3つ改善していくことにしました。

1.範囲を把握していない。

範囲発表があってから何度も「使いこなす数学は何ページまでだったっけ?」と範囲表を確認する生徒が何人もいました。

まず範囲発表があったら範囲の教材に印をつけるとか、付箋を貼るなどして一目で範囲がわかるようにすることが最初にすべきことです。

一目で範囲がわかるように印をつけるか付箋をつけるかをさせました。

2.提出課題を出すことをテスト勉強と勘違いしている。

これも成績の振るわない生徒が陥っている落とし穴です。

どこの中学校の範囲表にも

       「範囲」     「ポイント」     「提出物」

↓           ↓            ↓

が書いてありますが提出課題を期日までに終わらせることをテスト勉強だと勘違いしている生徒が多く見受けられます。

提出物になっていなくても範囲の教材はすべて一通り終わらせることが最低条件です。

範囲発表の当日に学校のワークの点検日を設けて範囲のやり残しがないか確認するようにしました。

3.一度解いただけで解き直していない

問題を一度解いてわかることはどの問題が解けてどの問題が解けないかがわかるだけです。

答え合わせの時に解説を読んだとしててもその問題が解けるようになっているかはわかりません。

解き直して出来るようになってこそ初めて点数アップにつながるのです。

通常授業で受講している科目は2回以上解き直すように指導しました。

以前から口を酸っぱくして言ってはいましたが言いっぱなしになっていたので、今年度からは塾で進捗を把握して、2回3回と解くようにしました。

これで結果がどのように変わってくるのかある意味生徒以上にドキドキしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする